YouTubeでは超有料級の韓国語講座を発信中!

【韓国で就職】韓国系企業就職で有利な資格まとめ!理由や効果についてもご紹介!

大好きな韓国での就職を夢見たことはありませんか?

韓国の社会が就職難の上に日本人が就職が可能なのか不安になるかもしれませんが、日本人だから就職が有利な場合もあります。

また資格があると強みになります。

  • 韓国に働きながら住みたい
  • 韓国で就職したい
  • 韓国での就職に関わる資格を取得したい
  • 韓国で就職する方法を知りたい

という人のために、今回は韓国就職で有利な資格について紹介していきます。

これから韓国での就職を準備している人はぜひ参考にしてみてください。

韓国の就職事情

韓国の大学・大学院卒業生の就職率は2019年、2020年ともに60%前半で経過するほど就職が難しいのが現実です。

しかし、その中で日本人が就職して働いているのも事実です。新型コロナ感染症が流行してから日本からの旅行客が大幅に減ったため、通訳案内などの仕事は減ってしまいました。

日本人が韓国で働くためには、日本企業の駐在員や現地の日本企業、韓国企業での就職があります。実際働いている職種は、日本企業での事務・会計、日本語講師、韓国企業での事務・会計、翻訳・通訳、医療コーディネータ―など日本語を活かせるものが多いです。

中には韓国人と結婚して長期間韓国で生活し社会福祉施設などで働いている人もいます。ソウルでの就職は競争率が高いとも言われていますが、それほど職場が多いのも特徴です。釜山や仁川、大邱などの他の市でも就職している日本人もいます。

就職するまでの流れとしては、仕事を探し、履歴書を提出→1次面接→2次面接となります。

全て合格すれば、めでたく就職することができます。自力で就職できるとそれほどありがたいことはないですが、なかなか難しいのも現実です。

韓国では「知人の紹介で就職できた」という例も少なくはありません。韓国にはSNSを通して日本人同士のコミュニティや就職関連のコミュニティなどもあるので積極的に参加して、多くの人との交流をすることも就職への鍵になるでしょう。

それでは具体的な就職に有利な資格について紹介していきます。

語学能力を示す資格

日本人が韓国で就職するためには仕事をする上で韓国語ができるという証明が必要です。また、韓国語以外にも英語や他の外国語ができる就職に有利なこともあります。韓国で活かすことのできる語学の資格について紹介していきます。

韓国語能力試験(TOPIK)

韓国語能力試験(TOPIK)は韓国の政府機関が主催のもので、就職の際には韓国語のレベルを示すのに使うことができます。

TOPIKが就職する際の必須条件にはなっていませんが、就職するとなるとビジネスレベルの韓国語能力が必要となるので、上級(5級~6級)以上を取得しているのが望ましいです。

実際には面接でどの程度韓国語ができるのかというのも判断材料にはなりますが、履歴書で見せれる資格として韓国語能力試験がをとっておくことは十分にプラスとなるでしょう。

韓国語のレベルを示すことのできる試験として「ハングル検定」もありますが、主催が日本なので企業側がよくわからない場合があります。韓国就職を考えている場合は、ハングル検定よりも韓国語能力試験を取得するほうが良いでしょう。

【韓国語教室が徹底分析】TOPIK(韓国語能力試験)とは?試験概要や特徴、申請方法、認定基準などをご紹介!

TOEIC

TOEICは英語のコミュニケーション能力テストです。

韓国の企業は英語能力を求めている場合もあります。TOEICは日本・韓国でもどこでも受けることができます。

韓国語の勉強に加えて英語の勉強をすることは簡単ではないですが、時間に余裕がある場合は、TOEICの勉強をするのもよいでしょう。

TOEICは点数でレベルを評価するもので、最低10点、最高990点です。履歴に記入できるようになるのは600点以上と言われています。英語を必ず使うような企業への就職を考えている場合は750点以上、一般的に英語がある程度できることを示す場合は600点以上を取得していることが望ましいです。

TOFEL

TOFELもTOEICと同じように英語の能力を示すテストですが、英語圏での留学で必要な英語能力があるかどうか判断する材料となります。

TOEICよりリスニングの文章が長くTOEICよりも難易度は高めです。点数は120点満点で、英語がある程度できることを示すためには、70点前後があれば十分です。

TOEICがあればTOFELを受けなくても十分に英語の習得レベルを示すことはできるでしょう。試験の点数意外にも海外で過ごした経歴などもアピールポイントになりそうです。

HSK

HSK中国政府が認定している中国語検定です。

中国語の検定の中でも世界で最も受けている人が多く、HSKが中国語のレベルを示す公的証明になります。

韓国では中国語の需要が増えており、中国語ができる場合にも就職に有利になるでしょう。ちなみにHSKは1級から6級まであり、1~2級が初級、3~4級が中級、5~6級が上級です。

中国語の翻訳などを目指す場合は上級が必要となりますが、中国語ができることを示せる証明となるので、何級からでも挑戦するのも良いでしょう。就職したい企業が中国と関係がある場合には有利な資格となります。

スポンサードサーチ

スキルとして活用できる資格

韓国で就職するためには、語学能力だけではなくスキルを身に付けておくと有利な場合があります。

コロナ禍に入ってからインターネットを使用することが確実に増えました。そのため、Webサイトやパソコン関係の技術を習得しておくと強みとなるでしょう。

Webデザイン

Webデザインの資格は、「웹디자인 기능사(Wehデザイン技能士)」が一般的です。

日本にもWebデザイン技能検定がありますが、検定に合格すれば「Webデザイン技能士」と履歴書に記入することができます。

その他にWebデザインに関係する資格として、韓国には「GTQフォトショップ試験」「컴퓨터그래픽스운용기능사(コンピューターグラフィック技能士)」などがあります。

大学や専門学校で学ぶ必要がありますが、中には塾や独学での学習が可能なものもあるので興味があれば勉強してみるのも良いでしょう。特に最近はWebデザインが注目されているので、なにか一つでも資格を持っていれば強みになります。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

MOSは国際資格のひとつで、マイクロソフトのWord、Excel、Power point、Access、Outlookを操作できることを示すことができます。企業でパソコンを使うことはほぼ当たり前なので、パソコンのスキルを証明するものとしてとっておくと役立つかもしれません。

韓国独自のソフト「한글」、「한셀」を使う場合もありますが、機能はWord、Excelと似ています。

プログラミング

プログラミングは簡単に言うとゲームやアプリを作成したり、Webサイトのシステムをプログラムしたりする技術となります。

プログラミングに関する資格は多様にあり、プログラミングを学べる塾や学校で習得するほか独学する人もいるようです。プログラマーとなると専門性が高くなるので就職の際にはアピールポイントとなるでしょう。

その他の資格

韓国で就職するためにアピールできるその他の資格を説明していきます。勉強熱心の国家だからこそ有利な資格かもしれません。

日本語教師

韓国の若い世代は日本での就職を希望している人も多く日本語教師も需要があります。特にソウルは多いです。

日本語教師の働き方は契約社員だったりフリーランスだったりすることがありますが、韓国で働くのに役立つ資格の一つでしょう。

日本語教師を取得するためには4年制大学で日本語を専攻する方法、日本語教師養成コースを修了する方法、日本語教育能力検定を受ける方法があります。採用されるためには、経歴も重要ポイントとなるので、もし日本語教育に携わったことがある方はぜひアピールしていきましょう。

英語教師

英語教師として学校で英語で教える場合は国家資格を取得する必要がありますが、保育園や幼稚園や塾で英語教師を行う場合は資格が必須ではない場合もあります。

韓国では幼稚園など幼い頃から英語を学習することが多いので、英語教師の求人も意外とあります。日本で英語を指導した経歴はアピールポイントです。資格ではないですが、TESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages)コースを受けておくこともおすすめです。

英語を指導する方法について学べるので、英語を活かして就職したいと考えている人は強みとなるでしょう。

【韓国で就職したい!】日本人が韓国で就職するには?

日本人だからって就職できないわけではない

韓国で就職する方法としては現地にある日本企業、韓国企業があります。韓国企業に就職する時は資格も重要ですが、経歴などもアピールポイントになります。

まずは韓国社会で生きていくためには韓国語をしっかり身につけることが先です。韓国語を身に着けてから、自身が得意な分野を極めてパソコン関係の資格や英語や中国語など他の語学の資格を習得しておくと、就職には有利になりそうです。

韓国の大学を卒業していることも強みになるので留学も頭に入れておくとよいかもしれません。ぜひ今回紹介した中で関心ある資格があれば準備して韓国での就職に役立ててみてください。