YouTubeでは超有料級の韓国語講座を発信中!

【韓国語教室が徹底分析】TOPIK(韓国語能力試験)とは?試験概要や特徴、申請方法、認定基準などをご紹介!

日本で受験できる韓国語検定の1つに「韓国語能力試験(TOPIK)」があります。TOPIKは韓国への留学や大学進学、就職などで語学力の評価基準として用いられます。韓国語の実力を証明できる資格なので、留学や韓国に関わる仕事への就職を考えている方はもちろん、韓国語を学習している方は、TOPIKを受験してみてはいかがでしょうか。

この記事では、TOPIKの概要や受験申請方法、「ハングル検定」との違いなどをご紹介します。

韓国語能力試験(TOPIK)とは

韓国語能力試験とは、大韓民国の教育省が認定・実施する唯一の韓国語の検定試験です。Test of proficiency in Koreaの頭文字を取って「TOPIK」と呼ばれています。TOPIKは韓国語の学習者に学習方法を提示し、韓国語の普及や試験結果を学習・留学・就職に活用することを目的として世界70カ国以上で実施されています。

日本で受験できるTOPIK以外の韓国語の検定試験に「ハングル検定」がありますが、ハングル検定は日本語を母語とする人に特化した検定試験です。一方、TOPIKは韓国語を母語としない人を対象にしています。

TOPIKの最上級である6級合格者は、全国通訳案内士試験の韓国語科目試験が免除になります。

TOPIKの概要

TOPIKとは、どのような試験なのか概要をご紹介します。

試験は年に3回

TOPIKは日本で年に3回、4月・7月・10月に実施されます。2022年度より次の2点が変更になりました。

  • 受付は先着順
  • 併願は不可

TOPIKの受験申請期間は試験日よりかなり前なので、注意しておきましょう。たとえば2022年4月10日(日)におこなわれた試験は、受験申請期間が2022年1月5日(水)〜1月21日(金)15時でした。さらに受付は先着順になったため、受験を希望している人は申請期間を調べて早めに申請しておくことをおすすめします。

「TOPIK Ⅰ」か「TOPIK Ⅱ」を選択する

TOPIKの等級は1級から6級まであり、もっとも難易度が高いのは6級です。申し込むときに数字の級は指定できません。初心者向けの「TOPIK Ⅰ(1級・2級)」か、中・上級者向けの「TOPIK Ⅱ(3級・4級・5級・6級)」のどちらかを選んで受験します。級は試験の点数によって決まります。

受験料

受験料はTOPIK Ⅰが4,500円、TOPIK Ⅱが6,000円です。

試験の内容

TOPIK ⅠとTOPIK Ⅱでは、問題の種類が異なります。TOPIK Ⅰは聞き取り40分、読解60分で、配点はそれぞれ100点、計200点満点です。出題形式は4択です。

一方、TOPIK Ⅱは1時間目が聞き取り60分、筆記50分 で、2時間目が読解70分です。配点はそれぞれ100点で計300点満点です。出題形式は聞き取りと読解が4択、筆記が記述式となっています。

合格ライン

TOPIKは、取得した点数によって数字の級で評価されます。TOPIK Ⅰは200点満点で140点以上取得すると2級、80点以上で1級です。TOPIK Ⅱは300点満点で230点以上取得すると6級、190点以上で5級、150点以上で4級、120点以上で3級です。合格点に満たない場合は不合格とされます。

当日の持ち物

TOPIKの試験当日は、次の3つを忘れないように持って行きましょう。

試験当日に持参するもの
  • 受験票
  • 公的な写真付き身分証明書
  • 修正テープ

試験で使用するペンは当日配布されますが、マークシートを修正するときに使用する修正テープを必ず持参してください。修正テープは試験前に練習しておいた方がよいでしょう。マークシートを消しやすい幅か、テープの残りは十分にあるかチェックも必要です。

成績証明書

試験日から約3ヶ月後に成績証明書が郵送されますが、国立国際教育院のホームページで成績照会や印刷もできます。成績の有効期間は成績発表日から2年です。

スポンサードサーチ

TOPIKⅡには作文問題がある

韓国語中上級レベルにあたるTOPIKⅡには、一番難しい領域とされるのが「作文(ライティング)問題」になります。「作文(ライティング)問題」は、とっくに諦めてるという方もいらっしゃいますが、作文(ライティング)だけでも100点を占めるため、無視はできません。

何も書かなければ0点ですが、何かしらを書けば部分点が獲れる場合もありますので、しっかり対策をしておくことをオススメします。

TOPIKの級別の認定基準

TOPIKの級別の全般的な認定基準は次のようになっています。

  • 1級…自己紹介、買い物、飲食店での注文など生活に必要な基礎的な言語(ハングル)を使える。約800語の基礎的な語彙と基本文法を理解し、簡単な文章を作れる。
  • 2級…電話やお願いなど日常生活に必要な言語(ハングル)が使え、郵便局・銀行など公共機関での会話ができる。1,500〜2,000語程度の語彙を用いた文章を理解し、使用できる。
  • 3級…日常生活を問題なく過ごせて、公共施設を利用したり、社会的関係を維持したりするための言語(ハングル)を使用できる。文章語と口語の基本的な特性を理解し、使用できる。
  • 4級…ニュースや新聞をある程度理解できて一般業務に必要な言語(ハングル)を使用できる。よく使われる慣用句や代表的な韓国文化に対する理解をもとに社会・文化的な内容の文章を理解し、使用できる。
  • 5級…専門分野における研究や業務に必要な言語(ハングル)をある程度理解し、使用できる。政治・経済・社会・文化など全般にわたる身近なテーマについて理解し、使用できる
  • 6級…専門分野における研究や業務遂行に必要な言語(ハングル)を比較的正確かつ流暢に使用できる。政治・経済・社会・文化など全般的なテーマにおいて身近でないテーマでも不便なく使用できる。ネイティブ程度とまでいかなくても、問題なく自己表現して話せる

TOPIKの受験申請方法

TOPIKには個人受験と団体受験があります。ここでは、個人受験の申請方法をご紹介します。申請方法はオンライン申請のみです。次の手順で申請してください。

利用者登録する

初めて受験する人は、韓国教育財団公式サイトの韓国語能力試験のページから利用者登録してください。氏名・国籍・生年月日・性別・住所・メールアドレスなどを登録します。2回目以降の方は、登録したメールアドレスとパスワードでログインしてください。

受験申請する

受験者情報・郵便物の受け取り先住所を確認して受験申請します。登録している住所に受験票や成績通知書などが送られてくるため、間違っていないか確認してください。

顔写真をアップロードする

顔写真をアップロードします。顔写真の条件は縦4cm×横3cmの証明写真またはパスポート用の胸上の写真で、ファイル形式はJPEG /PNG /GIF、ピクセルは640×480、データサイズは10MBまでです。使用不可な写真もありますので、しっかり確認して適切な写真をアップロードしましょう。顔写真を提出していなければ受験できませんので注意してください。

受験料を支払う

受験級・受験地を選択し、受験料を支払います。受験料はクレジット決済かコンビニ決済から選べます。コンビニ決済には支払い期限がありますので、納付期限を過ぎないように注意しましょう。支払い期限を過ぎると自動キャンセルとなりますので、マイログインページから再度支払い方法を選択してください。

韓国留学にはTOPIK何級以上が必要?

韓国の大学へ留学を希望する場合、一般的にはTOPIK3級以上の成績が必要といわれています(大学によって異なります)。とはいえ、3級は最低ラインですし、もっと高いレベルを求める大学もありますので、できるだけ上級を目指しておいた方がよいでしょう。

また、TOPIKの結果発表は試験の1ヶ月以上後です。留学する場合は出願のタイミングより早くTOPIKの資格を取得しておく必要がありますので、早い時期からスケジュールを立ててTOPIKを受験する準備を進めておきましょう。

TOPIKとハングル検定の違い

日本で受験できる韓国語の主な検定試験といえば、TOPIKとハングル検定がありますので、どちらを受けるか悩む人も多いと思われます。TOPIKとハングル検定にはさまざまな違いがありますので、確認しておきましょう。

出題の言語

TOPIKは韓国政府が実施する検定試験なので、韓国語で出題されます。一方、ハングル検定は日本語を母語とする人を対象とした韓国・朝鮮語の検定試験なので、上級の1・2級以外は日本語で出題されます。

試験内容

TOPIKは1級から6級まであり、最上級が6級です。一方、ハングル検定は1級から5級まであり、最上級が1級です。ハングル検定は5級から2級までマークシートで、1級のみ記述式の問題が含まれます。また、1級の1次試験合格者には2次面接試験が実施されます。

一方、TOPIKはTOPIK Ⅱ(3〜6級)で記述式問題が含まれます。ハングル検定のような面接は実施されません。

有効期限の有無

TOPIKの資格は有効期限が2年です。一方、ハングル検定には有効期限がありませんので、一度取得すれば、永久に有効です。

受験の目的

TOPIKは韓国政府が実施している検定試験なので、韓国留学を計画している人や、韓国での就職を希望している人に向いています。一方、ハングル検定は日本語を母語とする人に特化した検定試験なので、日本での進学や就職で韓国語のスキルをアピールしたい人に向いています。

【韓国語教室が徹底分析】ハングル能力検定(ハングル検定)とは?試験実施要項や特徴、申込方法、合格ラインなどをご紹介!

韓国語のスキルの証明となるTOPIK

韓国政府が実施しているため、日本国内だけでなく、韓国でも語学力の証明として通用します。

韓国留学を考えている人や、将来韓国に関わる仕事がしたい人には韓国語の能力をアピールするために必須といえる試験です。年に3回のチャンスを生かし、できるだけ高得点を取れるように学習を進めていきましょう。

オンライン韓国語教室のコリアンテナでは、TOPIK(韓国語能力試験)やハングル能力検定試験などの韓国語の資格習得にも役立つ講座や特典を無料で発信しております。

気になる方は、公式LINE公式YouTubeをご覧ください。