YouTubeでは超有料級の韓国語講座を発信中!

【韓国語で「疲れた」はなんと言う?】疲れた時に使いたい韓国語のフレーズまとめ!

何かと忙しい日々を過ごしている現代人。

仕事や勉強や育児から推し活や趣味活動まで毎日頑張っている分、疲れてしまうことも多いですよね。そんな時、韓国語で「疲れた~」と言えたら、気分転換になってまた頑張る力が湧いてくるかもしれません。

日本語でも「疲れた」だけでなく、「くたびれた」「ぐったり」「疲労困憊」「へとへと」など色んな表現があるように、韓国語も疲れた様子を表現する言葉はたくさんあります。

今回は「疲れた」時に使える韓国語の表現を紹介していきたいと思います。

疲れた時に使える韓国語

では、疲れた時に使いたい韓国語をご紹介します。

意味や使用例を参考にし、適切なシチュエーションで使ってみましょう。

피곤하다/피곤해(疲れた)

最もよく使われる一般的な表現で日本語の「疲れた」に該当する言葉です。

  • 「어제 밤을 새웠더니 피곤하다.」(昨日、徹夜したから疲れた)
  • 「하루 종일 바빴더니 피곤해.」(一日中忙しかったから疲れた)

目上の人に言う時は「피곤해요」(疲れました)のように語尾に「요」をつけて使いましょう。

지친다/지쳤어(くたびれた)

基本形は「지치다」になります。この表現はどちらかというと精神的な疲れを意味する場合が多いです。何か大変なことがあり元気がなくなった状態や長い時間をかけて何かをしていたため、飽きたりくたびれたりしてもう続けられなくなったような状況で使います。

  • 「사회적 거리두기가 장기화되어 지쳤다.」(ソーシャルディスタンスが長引き、くたびれた)
  • 「이제 기다리기 지쳤어.」(もう待ちくたびれた)

힘들다/힘들어(大変だ)

「힘」は「力」という意味で、「힘들다」と言うと力がかかっている、何か負荷がかかっていて大変、困難だ、その困難によって疲れているというニュアンスになります。物理的な疲れも精神的な疲れも両方使えます。

  • 오늘은 힘든 하루였다.(今日は大変な一日だった)
  • 요즘 인간관계가 힘들어서 사람을 만나고 싶지 않다. (最近人間関係に疲れていて人に会いたくない)

同じような表現に「힘겹다(힘겨워)」もあります。

방전되었다/방전되었어(放電した、バッテリーがあがった)

「방전」は「放電」という意味で、「방전되었다」というと元々はバッテリーや充電が切れている状態を表します。なので、人に使う時はバッテリーを人間のエネルギーに置き換えた表現になります。力が残っていない、休息が必要な状態ということなのです。

  • 체력도 몸도 방전되어서 의욕이 없어요.(体力も心も疲れてやる気が出ません)

고단하다/고단해(非常に疲れていてだるい)

この表現は主に身体的に疲れていて元気がない状態を表しています。休む間もなく動き回ったり、重いものを運んだり、徹夜をした時など、これ以上何かをする余力が残っておらず、体に力が入らない状況でよく使います。

  • 짐 정리가 고단했던지 눕자마자 깊은 잠에 빠졌다.(荷物の整理に疲れたのか横になるや否や深い眠りに落ちた)

고달프다/고달퍼(ひどく疲れてつらい、しんどい)

上記の表現に似ていますが、こちらは身体的な疲れだけでなく、精神的にまいっている時によく使うイメージです。自分の境遇や置かれている状況を嘆く時などに使われます。

  • 박봉으로 서울에서 살아가자니 하루하루가 고달프다.(薄給でソウルでの生活を続けるのは毎日がしんどい)

녹초가 되었다(へとへとになった)

この表現は疲れてへとへとになった状態、ぐったりしている様子を表しています。「녹초」は「녹은 초」つまり、溶けているろうそくを意味します。つまり、ろうそくが溶けてぐにゃぐにゃな状態になっているように生気がなく、倒れそうな状態になっているイメージですね。また、ボクシングやけんかなどで殴られすぎてぐったりしている時にも使います。

  • 하루 종일 아이들에게 시달려 녹초가 되었다.(一日中子どもたちに振り回されてへとへとになった)

파김치가 되었다(綿のように疲れている状態)

これは慣用句です。「파김치」というとネギキムチです。ネギキムチを漬ける時は塩を入れてネギをしんなりさせますよね。シャキッとしている普通のネギと比べて塩漬けにされふにゃふにゃにぐったりしている状態を人に例えて表現しているのです。

  • 하루 종일 돌아다녔더니 저녁 무렵에는 몸이 파김치가 되었다.(一日中歩き回っていたため、夕方の頃には体が綿のように疲れていた)

진(이) 빠지다(疲れ果てる)

「진」は木の樹皮などから分泌する粘液を指します。「빠지다」は抜けるという意味。昔は木から出るこの「진」で薬を作ったり、木材に塗ったりして生活に役立てていました。しかし、これを使いすぎると木は元気がなくなりやがては枯れて死んでしまいます。つまり、この表現は力を使い果たしてくたびれている状況を表している慣用句です。また、飽きたりがっかりしてやる気が出ないことを意味する場合もあります。

  • 여행이 힘들어서 완전히 진이 빠져 버렸다. (旅行で完全に疲れ果ててしまった)

빡세다(きつい)

こちらは若者言葉で、俗語に当たりますが、使われるようになってからだいぶ経つので、今はかなり定着しつつある表現です。疲れた状態というより、疲れる結果になりそうな状況を言い表している場合が多いです。日本語で言うとやることがきつい、または難しい、大変な状況を意味します。

  • 이번 학기의 전공 수업은 하나같이 빡세다. (今学期の専攻の授業は全部きつい)

この例文での「빡세다」は課題が難しいとか多い、それともレベルが高く勉強についていくのが難しいという状況だと思われます。その結果、今学期は疲れることが多くなるでしょうね。

疲れたにまつわる韓国語の単語

기진맥진(疲労困憊)

精魂が尽きた状態、気力が尽き果てた状態を表しているので、単純に「疲れた」よりも、頑張る力がこれっぽちも残っていないくらい疲れ果てている状態です。

  • 뱃멀미가 심해서 기진맥진이 되었다.(船酔いがひどくて疲労困憊な状態になってしまった)

上記の例文のように、疲れた状態を強調したい時に用います。

탈진(脱力)

上記の表現と似たようなもので、力を使い切り、脱力した状態を表します。気力が尽きてへとへとになった状態で、倒れる寸前というイメージです。

  • 그는 탈진해 땅바닥에 쓰러지고 말았다.(彼は脱力して地べたに倒れてしまった)

번 아웃(バーンアウト)

燃え尽き症候群のことを韓国語では「번 아웃 증후군」と言います。何かを頑張りすぎて燃え尽きてしまった状態、ストレスなどにより精神的また体力的に気力が尽き果ててしまい、無気力な状態に陥っている時に使います。上記の「방전」や「탈진」と同じような表現になります。

개피곤(くそ疲れた、めっちゃ疲れた)

これも俗語の表現になりますが、最近SNSやインターネットでよく使われている言葉で、疲労を意味する「피곤」に「개」をつける「개피곤」という言葉があります。「개」は元々「犬」という意味で、以前は特定の単語の前につけて悪口を言ったり何かを卑下する時に使っていました。しかし、最近は若者の間で形容詞などの前につけることで「ものすごく、とても」という意味として使われています。あまりきれいな表現ではないため、フォーマルな席や目上の人には使えませんが、SNSなどではよく見られるので、参考までに覚えておくといいかもしれません。

  • 잠을 못 자서 완전 개피곤.(寝てないからくそ疲れた)

スポンサードサーチ

「疲れた」とよく一緒に使う韓国語表現

続いて、「疲れた」とよく一緒に使う表現についてもご紹介します。

まずは「疲れた」の前に「요즘(この頃)」「최근(最近)」「오늘(今日)」など時間を表す言葉をよくつけます。

  • 요즘 일이 바빠서 계속 피곤해.(この頃、仕事が忙しくてずっと疲れているよ)

また、疲れたことを強調するために「매우(とても)」「너무(あまりにも)」「몹시(非常に)」「진짜, 정말(まじで)」「굉장히(ものすごく)」「엄청(めっちゃ)」「완전(完全に)」のような副詞をつけることも多いです。

  • 연말에 술자리가 많아서 엄청 지쳤어.(年末に飲み会が多くてめっちゃくたびれた)

そして限界を表現する時によく使う表現「죽을 것 같아/죽겠어」を「疲れた」の後につけるのもよく見かけます。「죽을 것 같아/죽겠어」は「死にそう」という意味。つまり、疲れて死にそうという表現なのです。

極端な表現に思えるかもしれませんが、韓国では強調したり誇張したい時に意外とよく使います。怖い気持ちや不安な気持ち、辛い気持ちなどマイナスな感情を強調する時に使われる場合が多いのですが、ポジティブな状況で使うことも多々あります。

例えば、食べすぎた時に「배불러 죽겠어(お腹いっぱいで死にそう」と言います。また、カップル同士でいちゃいちゃする時「네가 예뻐 죽겠어(君が可愛すぎて死にそう)」とも言ったりします。

日本人からするとちょっときつい表現に聞こえるかもしれませんが、あくまでも強調する表現なので、こちらも合わせて使ってみてはいかがでしょうか。

  • 아기가 밤에 계속 울어서 잠을 제대로 못자니 피곤해 죽을 것 같아.(赤ちゃんの夜泣きが続いていてちゃんと寝られないから疲れて死にそう)

日常に韓国語を取り入れてみよう

以上、「疲れた」の意味の韓国語表現についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

日本語も疲れた時に言う表現は色々ありますが、韓国語も様々な表現があり、世代や状況、疲れの要因などによって使い分けたり微妙にニュアンスが違ったりします。

そのため、適切な時と場合を見極めて使うことが大切です。

また、自分の状況を話すだけでなく、相手の状況を聞いてみるのも良いと思います。相手が元気のない様子なら「괜찮아? 피곤해?(大丈夫?疲れた?)」と聞いてあげましょう。最近大変なことがあったなどと話してきたら「피곤하겠다(疲れそう)」「힘들었겠네(大変だっただろうね)」と相槌が打てます。この表現を使って韓国語が話せる人とどんどんコミュニケーションを取ってくださいね!

オンライン韓国語教室のコリアンテナでは、オンラインレッスンやコンテンツを制作しています。

気になる方は、公式LINEをぜひご登録ください。