YouTubeでは超有料級の韓国語講座を発信中!

【1人でもできる】韓国語のアウトプット方法!苦手な人こそ守るべきメソッドとは?

韓国語を始めとする語学を学習する時、単語や熟語を学ばないといけない、文法を理解しないといけないと焦っていませんか。

学校教育ではインプットを重視していますが、語学学習をするのであれば、まずはアウトプットこそ求められます。

今回は、多くの学生、社会人に携わってきた講師の経験を生かしてポイントを紹介します。

アウトプットメソッドのポイントを知って、語学学習の効率をアップさせましょう。

語学学習で重要なアウトプットとは?

アウトプットは、覚えたことを実際に試してみたり、話したりなど行動に移すことをいいます。よく知られる物事を覚える、人の話を聞くといったインプットの対になるものとしてアウトプットがあります。

アウトプット学習の例
  • 音読をする
  • 書き出してみる
  • 誰かに説明する

語学学習の場合であれば、声にするということが書くことよりも時短になり、身体に定着させるという点で有効と言えるでしょう。

インプット学習も併用しよう

アウトプットを効率的にする場合には、インプットが不要というわけではありません。アウトプットをするための情報や、お手本である音という情報があってこそ語学学習が成り立ちます。

インプット学習の例
  • テキストを読む
  • ルールや用語を暗記する
  • 動画や説明を視聴する

コロンビア大学の心理学者アーサー・ゲイツ博士のよると、インプットとアウトプットの割合は初心者と熟練者とで異なると言います。

初心者

4(インプット):6(アウトプット)

熟練者

3(インプット):7(アウトプット)

初心者は熟練者に比べ、インプットの割合が1割増えるとはいえ、比較的アウトプットの割合が高いことがわかります。

アウトプット学習で期待できる3つのメリット

語学で習得したこと・これから学習したいことを、アウトプット学習する場合に得られるメリットについて3つ紹介します。無意識レベルで自然に身体から発することができる状態になることが、理想の一つです。

素早いリアクションが身につく

「ありがとうございます」と言われたら、「どういたしまして」とリアクションするように、語学には球技のラリーみたいな返答パターンがあります。

シチュエーション別の他フレーズもしっかりアウトプットしておけば、実際に同じ状況になったとしても、スムーズにリアクションすることができます。

母国語とのギャップが理解できる

日本語の感覚で、韓国語を話したときにネイティブの方から不思議な顔をされることは珍しくありません。それは、相手が感じるニュアンスのギャップに気づかないまま言葉にしている可能性が高いです。

普段から意味やネイティブのニュアンスを確認しながらアウトプットしておくことで、母国語と学習したい語学のちょっとしたギャップが把握できるようになります。

細かい表現や違いに気が付く

先にアウトプットをしておくことで、後から追いかける形で言葉一つ一つに意味や使い方をインプットすることになります。

どの音が何を示し、どういうニュアンスを相手に与えるのか、わからないまま漠然とインプットするよりも語学学習の習熟度が増すのは言うまでもないでしょう。

スポンサードサーチ

アウトプットを生かしたおすすめ語学学習メソッド4選

語学学習を円滑にするためにも、アウトプットのメリットを生かさない手はないでしょう。

オススメできるアウトプットのメソッドを4つ紹介していきます。

韓国語日記を書く

韓国語日記を書くことで、自分で韓国語の文章を作るための「作文力」が身に付きます。そして、なにより韓国語を使う習慣が身につくので、すごくオススメです。

「添削してくれる人がいないから1人で作文しても意味がない」という方がいらっしゃいますが、それは間違いです。

文法や語彙がぐちゃぐちゃな文章になっても構いません。成長した未来の自分が少しずつ修正してくれるはずです。まずは、韓国語に毎日触れることが大事です。

オーバーラッピング

「オーバーラッピング」とは、スクリプトを確認しながら、流れる音声と同時に音読するトレーニングです。

このオーバーラッピングをすることで、「韓国語のリズムとイントネーション」「ネイティブのスピード」が体感できます。

聞くだけでは、感じられなかった韓国語の本当の難しさがわかるはずです。

コリアンテナの公式LINEでは、聞き流し韓国語動画や韓国語脳トレーニングのスクリプトを無料で配布しているので、ぜひそのスクリプトを利用して、私と一緒にオーバーラッピングをしてみましょう。

シャドーイング

「シャドーイング」とは、流れる音声の0.5秒から1秒後に追いかけるように音読をするトレーニングです。

この「シャドーイング」は、「オーバーラッピング」と同じく、「韓国語のリズムとイントネーション」「ネイティブのスピード」が身につけられます。また、「シャドーイング」は聞いてから音読するため、「リスニング力」も身につけられます。

パダスギ(받아쓰기)

「パダスギ」とは、韓国語の音声を聞いて、紙に書き取るトレーニングです。「ディクテーション」とも呼ばれています。

「パダスギ」をすることで、「韓国語を聞き取るリスニング力」「次にどんな韓国語が来るかが予測できる推測力」「語彙や文法の復習」ができます。

初級レベルだから、まだパダスギをする段階ではないという方もいらっしゃいます。しかし、初級レベルの方には、むしろオススメしたいです。

インプットの量が比較的多い時期である初級レベルですが、パダスギをすることで、語彙や文法がより記憶に残りやすくなり、難しい発音変化にも慣れることができます。

パダスギの動画もコリアンテナのYouTubeチャンネルでは無料で公開していますので、ぜひ今日からチャレンジしてみてください。

アウトプット学習を受けられるサービス

ひとりでアウトプットを利用することで語学学習はできますが、専門サービスを利用することでクオリティを上げることも可能です。専門的なアウトプットのレッスンが受けられるサービスについて紹介します。

韓国語レッスン

語学習得を専門としているカルチャースクールであれば、経験と実績に基づいたアウトプットのレッスンが受講できます。経済的に問題なければ、王道ともいえるでしょう。大手企業の専門スクールもありますが、地域のコミュニティで開催されることも多いです。

オンライン韓国語教室コリアンテナでは、個人でのオンラインレッスンのほか、比較的安価で受講できるグループレッスンも用意しております。

募集がかかった際は、随時公式LINEでお知らせをしているので、気になる方は登録をしておきましょう。

YouTube動画

YouTubeでは、1人でもアウトプットできる韓国語学習動画が今では無数に上がっています。

動画溢れている分、正しい情報を選び抜く必要がありますが、オンライン韓国語教室コリアンテナの動画は、韓国語・日本語講師20年歴のイ・キョンア先生が監修・制作をしているので、安心です。

スマホアプリ

最近では1人1台で所持しているスマホも、アウトプット学習に有効なツールです。ボキャブラリー、会話などのフレーズなど語学試験の暗記に向けたアプリは定番ともいえます。

発音チェック機能がついた学習アプリもあり、アウトプットを録音してチェックする学習も可能です。

【2021年最新版】韓国語勉強アプリ10選!口コミや評判をご紹介!

アウトプット学習をひとりでする場合の注意点

独学で語学学習をする場合でも、アウトプットを利用して上達する人は多いです。しかし、気をつけることもあります。

客観性を保つ環境

スクールや会話に基づいたオンラインサービスが効果的な理由は、フィードバックを得られることにつきます。うまくできていると感じることでも、第三者に指摘されて初めてミスに気が付くケースも大いにあるでしょう。

ひとりで語学学習する状況であっても、何らかのフィードバックを得て、冷静に見直しができる工夫がアウトプット学習をさらに良いものにしてくれるはずです。

独学の場合でも、ボイスレコーダーや録音アプリを活用して、客観的にチェックすることが可能です。

3日坊主になってしまう

無理なペースでアウトプットを続けていては、3日坊主になってしまいます。

まずは、自分の生活スタイルに合った学習配分を考える必要があります。語学学習は長期戦ですから、無理のないペースで長く続けることが大切です。

アウトプットにもこだわったオンラインレッスン

今回はアウトプット学習について、メリットやおすすめメソッドなどポイントを紹介しました。

アウトプットは日常にとりいれやすく、好きな映画を参考にすることで、ニュアンスなども理解しながら生きた表現を習得できます。 またフィードバックを得る工夫をすることで語学学習に役立つ気づきも大いにあるでしょう。

なかなか語学学習がはかどらないという方こそ、アウトプットの見直しをしてみませんか。今回の記事の内容はコリアンテナのYouTubeチャンネルの動画内で詳しく説明しておりますので、気になる方は覗いてみてください。

オンライン韓国語教室のコリアンテナでは、アウトプットにもこだわったオンラインレッスンやコンテンツを制作しています。

気になる方は、公式LINEをぜひご登録ください。