YouTubeでは超有料級の韓国語講座を発信中!

韓国語学習者必見!韓国語勉強の正しい順番は?

韓国語を勉強しているみなさんならこんなお悩みありますよね?

  • 韓国語がいつまで経ってもカタコトのまま。
  • いつまで経っても韓国語が上達しない。
  • 韓国語は読めるけど、うまく話せない。

上記のようなお悩みは、「韓国語学習の順番」を見なおすだけで、一発解決できるかもしれません。

それくらい学習の順番と語学の上達には深い関係性があります。

今回は、韓国語学習者なら一度は見直してほしい「韓国語学習の正しい順番」についてご紹介します。

これから韓国語を勉強される方はもちろんのこと、すでに韓国語を勉強している方も自分の学習方法のどこに欠陥があるのかを知るキッカケになるはずです。

本当に使える韓国語を身に付けたい方はぜひ最後までご覧ください。

正しい韓国語学習の順番とは?

結論からいうと、韓国語学習の正しい順番は、「聞く→話す→読む→書く」です。

その理由は、私たちの母国語である日本語を学んだ順番だからです。

みなさんが日本語をどのように習得したのかを考えることでわかります。

私たちが日本語を習得するまでには、以下のような道のりがあったはずです。

日本語(母国語)を学ぶ順番
大人の言葉をとにかく聞く

聞いた言葉を真似して話す
話した言葉のひらがな・カタカナを読む
実際にひらがなやカタカナを書く

いかがでしょうか。

ほとんどの方がこの道のりを経て日本語を自由自在に使えるようになったはずです。

韓国語もこの順番に適用できる

韓国語も「聞く→話す→読む→書く」の順番で勉強することができます。

日本語(母国語)を学ぶ順番に韓国語を適用すると
芸能人や先生の韓国語をとにかく聞く
聞いた韓国語を真似して話す
話した韓国語のハングルを読む
実際にハングルを書く

日本語を学んだ順番と同じ順番で韓国語を学ぶことによって、韓国語も第2の母国語として、自由自在に扱えるに違いありません。

あなたが韓国語を話せない理由

多くの韓国語学習者が実際にネイティブと話す状況になると、韓国語が口から出てきません。

その理由は、間違った順番で韓国語を学んでいるからです。

もちろん自信ややる気も関係はあります。

しかし、根本的な学習の順番が間違っていては、使える韓国語は一生身につきません。

一番多い間違った学習順番

一番多い間違った順番は、「読む→書く→聞く→話す」です。

日本語ができるようになった私たちは、何かを文字で勉強することにすっかり慣れてしまっています。

そのため、何かをはじめるときは、参考書やガイドブックを購入することが習慣になりつつあると思います。

みなさんも韓国語を学ぶ際も、まずは参考書を読んで勉強しているのではないでしょうか。

例えば、

やりがちな間違った学習順番
参考書を読む
実際にハングルを書く
参考書に付属しているCDを聞く
聞いた韓国語を話す

しかし、この学習順番では、最終的には話せない場合がほとんどです。

その理由としては、「話す」を後回しにしているからです。

理解はできても話せない理由

学校で学ぶ英語も同じようなことが考えられます。

義務教育として学ぶようになった英語ですが、学校を卒業しても、英語が読める人は多くても、英語を話せるようになった人はかなり少ないです。

また、韓国語学習者も同じく、うまく韓国語を話せる人はほとんどいません。

韓国語学習者
韓国語学習者

韓国語を読めるようにはなったけど、うまく話せない…

韓国語学習者
韓国語学習者

私も韓国語が書けるようにはなったけど、うまく話せない。

このすべての理由は、「話す」を後回しにしているからなんです。

このような学校の勉強の仕方では、理解はできても、実際に使うことはできません。

たしかに、何かを理解するためには、「読む→書く→聞く→話す」は正しい順番なのでかもしれません。

しかし、言語は、理解によって話せるようなものではないのです。

スポンサードサーチ

オススメの学習方法

ここまで読んでいただいたみなさんは、

韓国語学習者
韓国語学習者

じゃあ、語学学習の正しい順番である『聞く→話す→読む→書く』の順番で韓国語を勉強すればいいのか!

と思っていただけたと思います。

しかし、『聞く→話す→読む→書く』の順番で学習をしていては、わたしたちが子どもの頃に日本語を習得するためにかかった時間と同じくらい時間がかかってしまいます。

子どもの頃ほど時間のない私たちは、できる限り学習効率を上げることが必要です。

その一つの方法として、私たちが身に付けた日本語を活かして、学習効率を上げられます。

その理由として、私たちは日本語を使ってわからないことを調べられるからです。

日本語を最大に活かす

子どもの頃に学ぶ言語は、「調べる」よりも「察する」ことが圧倒的に多かったはずです。

しかし、「察する」ことだけでは、言語を理解するのにかなり時間がかかります。

「すぐ調べる」ことを念頭に入れて、『聞く→話す→読む→書く』の順番で勉強していけば、より効率的に韓国語を身につけられます。

具体的なフローとしては、

オススメの学習順番
知らない言葉が出る
意味や発音を調べる
ネイティブの音声を聞く
真似て話す
文字を見て読む
文字を実際に書く

このフローを何度も繰り返すことによって、使える韓国語のボキャブラリーが着実に増えていきます。

基盤である日本語を最大限に活かしつつ、『聞く→話す→読む→書く』の正しい順番に沿って韓国語を学ぶことにより、効率的に韓国語を定着させられます。

まとめ

今回の記事では、韓国語学習の正しい順番について話しました。

まとめると、

  • 語学を学習する正しい順番は『聞く→話す→読む→書く』
  • オススメの学習方法は、日本語を活かした『聞く→話す→読む→書く』

です。

この記事を最後まで読んでいただいた皆さんには、ぜひとも韓国語を第2の母国語にしていただきたいと思います。

そこで、コリアンテナでは、韓国語マスターを本気で目指す韓国語学習者のために、無料特典をご用意しております。

わたしたちと一緒に韓国語を「第2の母国語」にしてみませんか?

LINEで無料特典をもらう!