YouTubeでは超有料級の韓国語講座を発信中!

【韓国語で美味しいは?】食事で使える韓国語フレーズ総まとめ

トッポキやチーズハットグなど、おいしいものが盛り沢山の韓国フード。

また、それらを食べた際に感想としていう様々な「おいしい」を表す韓国語表現はご存知ですか?

なんとなく「マシッソヨ」は聞いたことがあっても、過去形や、年上にも失礼のない敬語表現はいかがでしょうか。

韓国語を学んで「おいしい」と伝える手段が増えれば、食事の時間がより充実するはずです。

また、韓国語にも「いただきます」や「ごちそうさま」といった食事の前後で使う挨拶があります。

マナーとして知っておきたいですよね。

  • 韓国料理をもっと楽しみたい
  • マナー違反にならないよう最低限のフレーズを覚えたい
  • 韓国語ネイティブと自然な会話をしたい

上記のようなお悩みをお持ちの方に向けて、「おいしい」を伝えられる韓国語フレーズをご紹介します。

「おいしい」を伝えられる韓国語フレーズ

まずは、「おいしい」という気持ちを伝えられる基本的な韓国語フレーズです。

맛있다(おいしい)

この後ご紹介する「맛있어」や「맛있어요」などの原形です。

「맛(味)」+「있다(ある)」で直訳すると「味がある」なのですが、맛있다で「おいしい」という単語になっています。

原形の맛있다は、会話よりも独り言のときに使います。

食事を口に入れて、思わず「おいしい!」「うまい!」と言ってしまうことありますよね。

そんなときに使える言葉です。

맛있어(おいしい) 

「맛있다」のタメ口(パンマル)です。

会話表現の基本として、まずは맛있어を覚えましょう。

맛있어요(おいしいです) 

「맛있어」のです・ます調(ヘヨ体)で、맛있어よりも丁寧でやわらかい言い方になります。

「맛있어」同様に友人との会話でよく使う表現です。

맛있습니다(おいしいです)

「맛있어요」よりさらにかしこまった丁寧表現(ハムニダ体)です。

目上の人との会話で使っても失礼のない敬語表現です。

맛있었어(おいしかった) 

原形は「맛있었다」で、「맛있다」の過去形になります。

例文

「이집 맛있었네, 또 오자(このお店おいしかったね、また来ようね)」

「이집 맛있었네, 또 오자(このお店おいしかったね、また来ようね)」韓国では「飲食店、店舗」を表す際、「집(家)」と表現することが多いです。

맛있었어?(おいしかった?)

「おいしかった?」と聞く際には、맛있었어の語尾を上げて「맛있었어?(もしくは、맛있었어요?)」 と言います。

注意ポイント

発音する際、語尾を上げると質問文で「おいしかった?」で、下げると言い切りの「おいしかった」になります。

イントネーションも意識しましょう。

맛있겠다(おいしそう) 

「맛있다」に、推量を表す接続語尾「겠다(~しそう、~だと思う)」を加えたフレーズです。

「겠다」は、ほかにも「재밌겠다(面白そう)」のように使いますので、合わせて覚えておきましょう。

맛없다(おいしくない、まずい)

맛있다が直訳すると「味がある」であるのに対して、맛없다は直訳では「味がない」ですが、「まずい、おいしくない」という意味です。

「맛이 없다」で、本当に「味がない、味付けが薄い、無味」のものにも使えます。

おいしさをより強調したいとき

自分の好みの料理を食べた時は、もっとおいしさを強調したいですよね。

そんな時に使える韓国語フレーズをまとめてみました。

너무 맛있다(とてもおいしい)

「너무」は「とても、随分、あまりにも」という意味です。

너무は、ほかにも「너무 좋아해(とても好き、大好き)」など、よく使う単語です。

완전 맛있다(めっちゃうまい)

완전のもとの意味は「完全」ですが、日本語の「めちゃくちゃ」や「超」のように、後ろの語を強調する若者言葉にもなります。

진짜 맛있다(マジうまい)

진짜は「本当、本物」という意味で、若者言葉で「マジ」という意味も持ちます。

一語のみで「진짜?(マジ?)」のようにも使えます。

정말 맛있다(本当においしい)

「진짜」と同様に「本当に」という意味です。

정말と진짜は、厳密に言えば若干の違いはありますが、同じ意味と捉えても問題ありません。

엄청 맛있다(すごくおいしい)

엄청のもとの意味は「(量が)多い、たくさん、いっぱい」ですが、「すごく」という意味で後ろに続く語を修飾できます。

スポンサードサーチ

食事にまつわる単語・フレーズ

식사(食事)

そもそも、ごはんや食事を表す名詞は「식사」です。

会話でよく使う単語に「아침 식사(朝食、朝ご飯)」、「점심 식사(昼食、昼ご飯、ランチ)」、「저녁 식사(夕食、夕飯)」などがあります。

진지(お食事)

식사(食事)より、丁寧な表現です。

おじいちゃんやおばあちゃんによく使うイメージです。

수라(王の食事)

韓国の時代劇でよく出てくる単語です。

배고파(お腹すいた)

2019年にM-1グランプリを獲得したことで有名なお笑い芸人の「ぺこぱ」さんのコンビ名の由来にもなっているフレーズです。

「お腹」という意味の「배」と、「空く、空っぽになる」を表す「고프다」の活用形「고파」の組み合わせです。

敬語は「배가 고픕니다」です。

배불러(お腹いっぱい)

배(お腹)と、「いっぱいだ、膨れている」という意味の「부르다」で「お腹いっぱい、満腹」というフレーズです。

敬語は「배부릅니다」です。

例文

「배불러서 죽겠어(お腹いっぱいで、しにそう)」

食事の際のあいさつ

こんな食事の挨拶をすると、より食事が楽しめるかもしれません。

잘 먹겠습니다(いただきます)

잘は「よく」、먹다(먹겠の原形)は「食べる」、습니다はです・ます表現なので、直訳すると「よく食べます」になりますが、「いただきます」という意味で使われています。

タメ口は「잘 먹을게」です。

注意ポイント

日本で「いただきます」は食材や食事を作ってくれた人、もとは神への感謝などを表す言葉で、食事の前に言いますが、韓国では日本のような意味合いではありません。

韓国では、食事を提供してくれる(ご馳走してくれる)人への感謝として言います。

なので、ご馳走する側は「잘 먹겠습니다」ではなく、この後ご紹介する「맛있게 드세요(お召し上がりください、めしあがれ)」を使います。

맛있게 드세요(お召し上がりください、めしあがれ)

「맛있게(おいしく)」と「드세요(召し上がってください)」で、直訳すると「おいしく召し上がってください、食べてください」となります。

飲食店の店員など提供する側や、ご馳走する側(奢る側)が「どうぞ食べてください、めしあがれ」という意味を込めて使います。

잘 먹었습니다(ごちそうさまでした)

 「いただきます」という意味の「먹겠습니다」は、直訳すると「よく食べます」でしたね。

「ごちそうさまでした」を表す「잘 먹었습니다」は直訳すると「よく食べました」になります。

「먹었다(먹었の原形)」は「食べた」という意味で「먹다(食べる)」の過去形です。

ちなみに、ご馳走する側は「잘 먹겠습니다(いただきます)」は使わないとご説明しましたが、「잘 먹었습니다」は奢った・奢られた関係なく使います。

飲食店を出る際は「잘 먹었습니다」と気持ちよく挨拶してみましょう。

そのうえで、奢ってもらった場合は、支払ってくれた人に対しても「감사합니다. 잘 먹었습니다(ありがとうございます。ごちそうさまでした)」と伝えます。

또 올게요(また来ます)

こちらも飲食店を出る際に店主やスタッフに言うと、お互い気持ちよくなるはずです。

韓国語に本気のあなたに特別なご案

「マシッソ」以外にも、食事の際に使えるフレーズはいろいろありましたね。

「すっごくおいしい!」「超うまい!」という感動を、ぜひさまざまなフレーズで表現してみてください。

また、韓国語ネイティブと食事をした際や、韓国料理店に行った際には「잘 먹었습니다」といった挨拶ができると相手にきっと喜んでもらえるはずです。

挨拶がきちんとできると印象がいいですし、関係性もより良くなりますね。

また、記事を最後までご覧になったみなさんには、韓国語を「外国語」のままではなく、「第2の母国語」にしていただきたいと考えております。

コリアンテナでは、韓国語マスターを本気で目指す韓国語学習者のために、無料特典をご用意しております。

わたしたちと一緒に韓国語を「第2の母国語」にしてみませんか?

LINEで無料特典をもらう!