YouTubeでは超有料級の韓国語講座を発信中!

【韓国語でさようならは?】別れるときに使える韓国語を総まとめ!

友達と1日中遊んでから、上司との仕事を終わらせてから、別れの挨拶をすることってなりますよね。

今回は以下のような方におすすめの記事になります。

  • 韓国語で別れの挨拶を知りたい
  • 上司と別れるときに何を言えばよいかわからない
  • 「안녕히 계세요」「안녕히 가세요」の違いがわからない

別れの挨拶って、学校や会社、自宅でも家族に向けて使うこともありますよね。

今回は、「韓国語ではどのような別れの挨拶があるのか?」について話していきます。

言い方や使い分けなども踏まえて、解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

韓国語で「さようなら」は?

二種類の「さようなら」

まず一番よく使う「さようなら」は、韓国語では2種類存在します。

別れの時にはかかせない言葉なので、覚えておきましょう。

使い分けとしては、

その場に残る人に向けて言う「さようなら」は、「안녕히 계세요」と言います。

そして、その場から去る人に向けて言う「さようなら」は、「안녕히 가세요」と言います。

二種類の「さようなら」の使い方

使い分けるのは難しいと思いがちですが、意味を覚えると、簡単に使い分けることが出来ます。

まず共通してある「안녕히」は日本語では、「安寧に」という意味になります。

そして後に続く

  • 「계세요」は、있다の尊敬語で「いてください」
  • 「가세요」は、가다の尊敬語で「行ってください」

意味が全く違う「さようなら」になるので、十分に気を付けて使いましょう。

状況が同じ場合の「さようなら」は?

たとえば学校や仕事場など、同じ場所からお互いが去る場合は、どちらも「안녕히 가세요」を使います。

去る人しかいなく、その場に残る人がいない場合は、「안녕히 계세요」を使う必要はありません。

相手別の「さようなら」

上記で紹介した「안녕히 계세요」「안녕히 가세요」は、とても丁寧な言葉になります。

少しラフな言い方にすると、「잘 가요」「잘 있어요」といいます。

こちらも使い分けが必要で

  • その場に残る人に対して言う場合は「잘 있어요」
  • その場を去る人に対して言う場合は「잘 가요」

親しい人に対して使う別れの韓国語フレーズ

家族や友達などに対して「さようなら」を言う場合は「안녕」と言います。

日本語にすると「じゃあね」ラフな言い方になります。

「안녕」は「さようなら」という意味だけではなく、「こんにちは」「こんばんは」「おはよう」など、オールマイティーに使える挨拶言葉になります。

会った時でも別れの時でも使えるので、覚えやすいでしょう。

目上の人に対して使う別れの韓国語フレーズ

次に会社などで使える別れの挨拶をご紹介します。

먼저 실례합니다

「먼저」とは「お先に」「先に」という意味になります。

「실려」で「失礼」という意味なので、「먼저 실례합니다」「お先に失礼します」といいます。

相手よりも先に去るときに使いましょう。

감사합니다

一度は聞いたことがあるかと思います。

「감사합니다」「ありがとうございます」という、感謝を表す表現になります。

「오늘은 감사합니다」「今日はありがとうございました」という意味になります。

別れの時に感謝を伝えたいときに使ってみましょう。

家族や友達など親しい人に対して言う場合は、「고마워」「고맙다」と言いましょう。

「ありがとう」「どうも」などラフな言い方になります。

수고하셨습니다/수고하세요

仕事が終わった時などで使う「お疲れ様」という意味です。

ただし「さようなら」と同じで、使い分けが必要となります。

  • 「수고하셨습니다」「お疲れ様でした」
  • 「수고하세요」「お疲れ様です」

仕事が終わり家に帰る人に向けて言う場合「수고하셨습니다」

残ってまだ仕事をしている人に向けて言う場合「수고하세요」

韓国語の「さようなら」と同じで、残るか去るかで、使い分けないといけないので注意しましょう。

スポンサードサーチ

「さようなら」以外で使える韓国語フレーズ

別れの時「さようなら」以外でも、使える韓国語おフレーズをいくつかご紹介していきます。

조심히 가세요/조심히

この2つは日本語にすると「気を付けて帰ってください」という意味になります。

「조심해서 가세요」

「조심해서 가」

こちらの言い方でも、同じ意味になります。

들어가세요/들어

これは直訳すると「帰って」「帰ってください」となります。

「帰れ!」という意味ではなく、「気をつけて、家に帰ってね」という別れの挨拶になります。

家族や友達など親しい人に対して言う意場合は

「들어가~」と語尾を少し伸ばして言うのがポイントです。

연락할게요/연락할게

こちらは、韓国人がよく使う別れの時の挨拶です。

「연락할게」を直訳すると「連絡する」という意味になります。

「연락할게요」だと「連絡するね!」というニュアンスで言えます。

実際に別れたあと、連絡しなくても言うことが多いみたいです。

내일 봐요/내일 봐

「내일 봐요」は日本語で「明日会いましょう」という意味になります。

もし明日ではなく、来週や来月に変えたい場合は

「내일」の部分を言い換えましょう。

「来週」=「다음 주」「내주」

「来月」=「다음 달」「내달」

또 봐요/또 봐

「또 봐요」は「また会いましょう」という意味で

主に目上の人に対して使う敬語になります。

友達や家族などには「또 봐」と言いましょう。

韓国のSNSで使われる「さようなら」

友達や家族など親しい人に対して使う「バイバイ」は、韓国でも存在し、使われることがあります。

韓国語では「바이바이」と言います。

「바이바이」は大人はあまり使わない表現で、よく赤ちゃんや子供に向けて使われる言葉といわれています。

ですが、SNSの文面などでは使われることがあります。

「바이바이」の子音だけのハングル文字を使って、「ㅂㅂ」という略語として使われています。

親しい人とのSNS上のやりとりなどで使ってみましょう。

別れる寸前で使える韓国語フレーズ

「さようなら」の前の会話で、使えるフレーズをいくつかご紹介します。

집에 가야 할 때라고 생각해요.

「집에」=「家に」

「가야」=「行かないと/行かなくちゃ」

「할」=「~する」

「때라고」=「時間です」

「생각해요」=「思いつきました/思いました」

訳すと「そろそろ家に帰ります」という意味になります。

似たような意味を持つフレーズだと、「집에 갈 시간입니다.」=「家に帰る時間です」などがあります。

나는 오늘 좋은 시간을 보냈다.

「나는」=「私は」

「오늘」=「今日」

「좋은 시간을」=「良い時間を」

「보냈다」=「過ごした」

訳すと「今日は楽しかった」という意味になります。

相手に対して「さようなら」の前に言ってみましょう。

韓国語に本気のあなたに特別なご案内

別れの時に使える韓国語はたくさんあり、使い分けも必要なので、難しいと印象付いてしまうかもしれません。

しかし、意味を理解すると、使い分けも簡単に出来るようなります。

韓国語は日本語と似たような発音をする単語も多いので、案外覚えやすいといわれています。

ぜひ、別れの時の挨拶を覚えて、活用してみてくださいね。

また、記事を最後までご覧になったみなさんには、韓国語を「外国語」のままではなく、「第2の母国語」にしていただきたいと考えております。

コリアンテナでは、韓国語マスターを本気で目指す韓国語学習者のために、無料特典をご用意しております。

わたしたちと一緒に韓国語を「第2の母国語」にしてみませんか?

LINEで無料特典をもらう!