YouTubeでは超有料級の韓国語講座を発信中!

【韓国語でゴメンナサイは?】謝るときに使える韓国語フレーズ総まとめ

みなさんは韓国語で「ごめんなさい」の気持ちを表現したいとき、何と言ったらいいかわかりますか?

日本でもそうですが、良好な人間関係を築く上では適切なタイミングに適切な言葉で謝ることは、とても大切ですよね。

今後、韓国に旅行したり、韓国留学を考えている方は、韓国語でも日本語と同じように「ごめんなさい」の気持ちを伝えられれば、相手に誤解が与えることもなく、出会った人たちと仲良くなれるに違いありません。

今回は、韓国語で「ごめんなさい」「すみません」など、謝罪の気持ちを表すフレーズを紹介したいと思います。

謝罪で使える韓国語フレーズ

謝罪したいときによく使われるさまざまな表現を見ていきます。

日本語と同じような表現もありますが、韓国独特の表現もあります。

미안해요(ごめんなさい)

誰もが聞いたことのある表現なのではないでしょうか?

韓国ドラマにもよく出てきますよね。

友達に対してタメ口でいう時は「미안해」や「미안」などと省略しても大丈夫です。

親しい間柄であれば、最もよく使う日常的な謝罪の言葉です。

反対に、目上の人に対して使うには少しラフすぎる表現なので、「미안합니다」とするか、下で紹介する「죄송합니다」を使います。

죄송해요(すみません)

「미안해요」に比べると、より丁寧な表現になります。

会社の先輩やそれほど親しくない知人であれば、このままで大丈夫ですが、上司など目上の人に対しては、やや失礼になってしまうので、語尾は「합니다」とし「죄송합니다」が無難でしょう。

こちらも「미안해요」についでよく使われる謝罪の言葉です。

最近、若者たちの間では、「죄송합니다」をラフに使うために省略して「ㅈㅅ」と表現したりもします。

용서해 주세요(許してください)

自らの過失を認め、相手に許しを請う表現です。

相手に合わせて「용서해 줘」(許して)「용서해 줘요」(許してください)、「용서해 주십시오」(許してくださいませ)などの言い方もできます。

사과할게요(謝罪します)

ストレートに謝罪の意を伝える表現です。

同じ「謝罪します」でも、「사죄드립니다」はさらに強く謝罪の気持ちを表現できます。

내 잘못이에요(私の間違いです)

「잘못」は過失や間違いを意味します。

「내 실수야」(私のミスだ)ともいえます。

실수を使うと、より「失敗・過ち」の意味が強くなります。

自分の間違いを認めて、謝罪する表現です。

송구스럽습니다(申し訳ありません)

かなり丁寧な謝罪の表現になります。

「恐縮です」や「恐れ多いです」という意味でも使われます。

たとえば、「기대에 부응하지 못해 송구스럽게 생각합니다」(期待に応えられず、申し訳なく思っています)のように使います。

면목이 없습니다(面目がありません)

日本と同じで韓国でも「面目ない」という表現を使います。

申し訳ない気持ちで相手に合わせる顔がないときに使いますね。

目上の人が目下の人に対して「내가 면목이 없다」(面目がない)と言ったりもします。

謝罪の気持ちを強調する韓国語表現

次は、上でご紹介した謝罪のフレーズと一緒に使える強調表現を見ていきましょう。

強調表現と一緒に使うことで、謝罪の気持ちをより強く効果的に相手に伝えられます。

정말(本当に)

「本当にすみません」と言いたいときに最もよく使われます。

「정말 죄송합니다」や「정말 미안합니다」のような形で使われます。

「로」をつけて「정말로」と言っても同じ意味で、より丁寧な印象です。

진심으로(心より)

진심(真心)の意味で、「진심으로 사과드립니다」(心よりお詫び申し上げます)のように用います。

こちらも頻繁に使われる表現です。

대단히(大変)

こちらも強調の意味をもつ表現で、謝罪の言葉と一緒に使えます。

「대단히 죄송합니다」(大変申し訳ございません)のように使います。

정중히(丁重に)

日本語でいう「丁重に」の意味で、「정중히 사과드립니다」(丁重にお詫び申し上げます)と伝えれば、非常に丁寧な印象を与えられます。

お客様に対して何か過失があった際の謝罪の言葉としてよく使われる表現です。

謝罪の際だけでなく、招待状などに「정중히 초대합니다」(丁重に招待いたします)などと書いて使うこともあります。

いずれにしても、相手に丁寧な印象を与えるために用いる表現です。

너무나도(あまりにも)

日本語に直訳すると、「あまりにも」ですが、「本当に」をさらに強めたニュアンスの表現になります。

「너무나도 죄송합니다」のように使います。

불편을 끼쳐드려(ご不便をおかけして)

自分の失敗によって相手に迷惑をかけてしまったときに使える表現です。

끼쳐드려は끼치다(かける)と드리다(差し上げる)が合わさった表現です。

直訳すると「かけて差し上げて」になりますが、日本語でいうと「おかけして」という意味になります。

スポンサードサーチ

そのほかの謝罪したいときに使える韓国語表現

直接的な謝罪の表現だけでなく、間接的に申し訳ない気持ちを表すフレーズもありますよね。

ストレートな表現が多い韓国ですが、そんな韓国でも遠回しに謝罪の意を表現する言葉があります。

どのようなものがあるか見ていきましょう。

<h3>다시는 이런일이 없도록 하겠습니다(二度とこのようなことは無いようにいたします)</h3>

「다시(再び)」+「이런(このような)」+「일(こと)」+「없도록(無いよう)」+「하겠습니다(します)」で、2度と過ちを繰り返さないことを誓って、相手に謝罪する表現です。

日本語でも、同じような表現を使いますよね。

유감스럽습니다(遺憾です)

直接的な謝罪ではないのですが、謝罪の意味でよく使われる表現です。

とくに、外交上で「〇〇の件については政府としても大変遺憾であります」などといった表現は、よく使われますよね。

韓国も同じで、間接的ではありますが、相手国への謝罪の意を表現しています。

몸둘바를 모르겠습니다(どうしていいかわかりません)

感謝の気持ちの表現としても使われますが、恥ずかしすぎてどうすればいいか、わからない時にも使います。

「너무 죄송해서 몸 둘바를 모르겠습니다」(あまりにも申し訳なくて、どうしていいか、わかりません)のように用い、本当に申し訳ない気持ちを表現できます。

제 생각이 짧았습니다(私の思慮が足りませんでした)

「생각이 짧다」は直訳すると「考えが短い」ですが、「思慮が足りない」「考えが至らない」という意味でよく使われる表現です。

自身の考えが至らなかったことを反省していると相手に伝え、謝罪する時に使います。

友達同士など、親しい間柄であれば、「내 생각이 짧았어」としても大丈夫です。

語尾にㅁやㅇ入れることで愛嬌を表現

ちょっとしたTipなのですが、韓国では最近、語尾にㅁやㅇを入れる表現がよく使われます。

そうすることで、よりやわらかい印象になり、コミュニケーションを円滑にできるからです。

たとえば、ただ「미안해」というより「미안해용」や「미안해욤」というと、より愛嬌があり、やわらかい印象を与えられます。

同じく、「죄송합니다」の代わりに 「죄송합니당」などとすることもできます。

ただし、使えるのはあくまでも親しい間柄の人に限ります。

公式的な場面や会社の上司に対して使うのは不適切ですので、注意しましょう。

韓国語に本気のあなたに特別なご案内

韓国語で謝る時に使えるフレーズをご紹介しました。

誰にでも失敗したり、人に迷惑をかけたりすることはありますよね。

でもそんな時に、自分の過失を認めてTPOに合わせた適切な言葉で謝罪できれば、人間関係をより良く保てるはずです。

ここで紹介した表現のなかから、使えそうなフレーズを1,2個覚えておくだけでも、いざという時の助けになるかもしれません。

また、記事を最後までご覧になったみなさんには、韓国語を「外国語」のままではなく、「第2の母国語」にしていただきたいと考えております。

コリアンテナでは、韓国語マスターを本気で目指す韓国語学習者のために、無料特典をご用意しております。

わたしたちと一緒に韓国語を「第2の母国語」にしてみませんか?

LINEで無料特典をもらう!